ナビゲーションを読み飛ばす

総社市議会インターネット中継

  • 文字サイズの変更
  • 文字を小さくする
  • 文字を元に戻す
  • 文字を大きくする

※検索結果一覧

  • 劒持 堅吾 議員
  • 令和4年2月定例会
  • 3月8日
  • 本会議 一般質問
1 市長の政治姿勢について
(1)桃太郎線LRT化事業の動向変化に対する考えはどうか。
(2)美術博物館構想の起点ともいえる平成28年2月定例市議会での市長行政報告について
  ① 美術博物館建設に係る過去の発言の重みについてどう考えるか。
  ② 「(仮称)総社市美術博物館建設の早期実現を求める決議について」と,「総社市(仮称)美術博物館の整備について」の総社文化芸術会議の答申についてどう考えるか。
  ③ 新市発足から20周年の節目に,具体的な体制作りをどう考えるか。
2 人口7万人都市における今後の在り方について
(1)これまでの政策実績,評価についてどう考えるか。
(2)平成30年7月豪雨災害の復興状況はどうか。
(3)南海トラフ地震への対応はどうか。
(4)新市まちづくり計画について
  ① 防災力(自主防災組織)の状況はどうか。
  ② 消防署出張所の整備についての考えはどうか
映像を再生します
  • 平成28年9月定例会
  • 9月12日
  • 本会議 一般質問
1 国と地方とも経済の複雑,困難な情勢の下で,市長の対応方針は
(1)市政の能力を高めると共に,機構と体制をどう確立するのか。
  ① 地方分権一括法と平成合併以来10年余,行政事務が過重になっているうえ,さらに「地方創生」,「一億総活躍」などが求められている。どう打開するのか。そのプランはどうか。
  ② 市長1期目以降,要である幹部職員の系統性に困難が生じ,現在も細切れ体制が続いている。任期安定の状況をどう創るのか。
  ③ 幹部のうち,1年を経た総合政策部長の役割については,政策の立案力,調整力など俊敏な推進役として欠かせない人材として同僚議員間でも評価が高い。惜しむらくは任期が今年度で本省へ帰任すると言われており,市長は是非総合政策部長の在任延長を国へ要請すべきと考える。その意向はどうか。
  ④ 現在,県内他都市の中で,職務に精通した人材について市条例を設置して「常勤特別職」とし,行政力アップに取り組んでいる例が見られる。本市で検討する意思はどうか。
映像を再生します
  • 平成25年2月定例会
  • 3月5日
  • 本会議 一般質問
1 市長の政治姿勢と教育行政について
(1)そうじゃ吉備路マラソンについて
  ① リニューアルされて5回目となったが,軌道に乗り,環境も整いつつあるが,市長のランナーとしての感想,大会会長としての感想はどうか。
  ② 知事は岡山市と共同で市民参加型マラソンの準備をしている。市町村の既存のイベントは県が支援する立場であると思うがどうか。
(2)市指定ごみ袋について
  ① 平成22年10月に指定ごみ袋を半額にしたとき,ごみ袋の販売価額をごみの量を基に決める変動相場制を導入し,ごみ減量維持が絶対条件であった。今年10月で3年となるが,値下げを行うのか。
(3)学校給食調理場について
  ① 昨年9月議会での一般質問の答弁で,新たに学校給食共同調理場の建設についての検討委員会を設置し,年度内に結論を出す意向を示した。先般,検討委員会の今後のあり方の報告書が届いた。今後の建設に向けての取組はどうか。
(4)小児医療費について
  ① 小児医療費無料化助成の経費がはしご受診やコンビニ受診等で膨らんでおり,引き下げも視野に小児医療費適正化推進本部を1月31日に立ち上げたが,どのような方向性で議論するのか。
映像を再生します
  • 平成24年9月定例会
  • 9月7日
  • 本会議 一般質問
1 市長の政治姿勢と教育行政について

(1)県立博物館誘致の問題と市立博物館建設の復活について
  ① 平成25年度重点要望の中で,非常に重要な県立博物館の誘致が一番最後となっている。熱意が試されるのではないか。
  ② 県立博物館の吉備路への誘致運動も12年になるが,いまだ県の爼上にも上がっていないが,どう考えるか。
  ③ この問題の見通し,展望がないなら,市民にお伽話を語ったことになり,責任は重大と考えるがどうか。
  ④ 県立博物館と市立博物館は位置付けも性格も異なるが,この点について市民にも混同があるのではないか。
  ⑤ 多面的な教育文化で市は頑張っているが,そのことで歴史,文化の核となる施設の建設に代えることはできないと思うがどうか。
  ⑥ 昭和29年の市制施行から30周年は記念事業を行い,「古代吉備の里」をアピールしてきたが,60周年について考えはあるか。
  ⑦ 平成8年の第3次総合計画で文化の主要施策を計画した。しかし,その後,平成16年の新市まちづくり計画,平成18年の第1次総合計画前期基本計画で博物館は空洞化,平成23年の後期基本計画では字句の削除を行ったが,この点について,平成8年の方針を復活し,近い将来のステップにする考えはないか。それとも,市立博物館は建設しないのか。
  ⑧ そのための土台として,合併特例債を活用して基金をいくらかでも積むつもりはないか。「古代吉備の里」の過去と現在を未来につなぐまたとないこの期をチャンスと考えるがどうか。
(2)学校給食共同調理場建設について
  ① 老朽化が進む2箇所の学校給食共同調理場の建設を市長は将来の財政不安で二の足を踏んでいるが,合併特例債が5年延長されて平成32年3月末となったのを契機に決断するべきと考えるがどうか。
(3)教育委員会の機構改革について
  ① いじめによって,かけがえのない子どもの命が失われている。大津市教育委員会の対応は看過できない。教育委員会と学校が実態からあまりにも乖離していると考えるが,本市ではどうか。
  ② 教育委員会不要論が根強い。学校教育を建て直すため,教育委員会の機構改革も含めて,教育委員会の在り方が現状のままでよいか問い直すべきと考えるがどうか。
映像を再生します
戻る